2011年12月12日

“天使の歌声”ふたたび![ウィーン少年合唱団]

500年以上(1498年創設)の歴史を持ち、ウィーンの“音楽大使”として世界各地でツアーを行う「ウィーン少年合唱団」。1955年の初来日以来、名実ともに世界トップの人気合唱団として“天使の歌声”を日本各地に届けてまいりましたが、2011年は、3月11日の大震災による福島原発事故を懸念し、来日が叶いませんでした。
 しかし来年2012年は、多くのファンの方々の声に応えて、ついに来日が決定いたしました!
ウィーン少年合唱団理事会のProf.ワルター・ネティッヒ会長より、2012年の日本公演について、双方の良好な協力関係のもとに、ツアーの成功を楽しみにしています!とのメッセージが届きました。

そして今回も、2012年の日本ツアーでは「今だから聴きたい今年の歌」を皆様から募集します。
ご応募された方の中から抽選で5名様にウィーン少年合唱団グッズをプレゼントさせていただきます。
どうぞふるってご応募下さい。
応募の詳細はこちらから

応募締切: 2011年12月24日(土)〔当日消印有効〕 
曲目発表: 2011年1月(ジャパン・アーツWEBページ上で発表) 
当選発表: 厳選なる抽選の上、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。 

近年の「今年の歌」(参考)
2008年「千の風になって」(作曲:不詳、作詞・日本語訳詩:新井満)
2009年「手紙〜拝啓 十五の君へ」(作詞作曲:アンジェラ・アキ)
2010年「ウィ・アー・ザ・ワールド」(作詞作曲:マイケル・ジャクソン&ライオネル・リッチー)
      「世界に一つだけの花」(作詞作曲:槇原敬之)



posted by JapanArts at 12:12 | ウィーン少年合唱団>2011年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。