2012年05月01日

ウィーン少年合唱団のツアー・プログラム販売のお知らせ

ウィーン少年合唱団の日本来日公演プログラムを販売いたします!
wsk2012.jpg
l※ 画像をクリックするとサンプルページをご覧いただけます。

定価1,000円/夢会員割引価格900円
宅配便でご利用の方(土・日の発送はございません)ジャパン・アーツに住所・氏名・昼間ご連絡できる電話番号・会員の方は会員番号(夢カードの16桁の番号)を明記の上、発送手数料500円と代金を現金書留でお送り下さい。 会員の方は、会員番号を必ずお書き添えの上お送り下さい。会員番号がない場合は割引が適用になりません。
※発送は5月2日以降となります。

宛先:
〒150-8905 渋谷区渋谷2-1-6
ジャパン・アーツ 「ウィーン少年合唱団2012 プログラム」係



posted by JapanArts at 15:15 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年の日本ツアーがスタート!

ウィーン少年合唱団2012年の日本公演初日が岐阜県の下呂市より幕が上がりました!
満場のホールに美しい声が響き、大成功となりました!

2012WSK(05.jpg
クレジット:www.lukasbeck.com

 今日の下呂公演はAプログラム。第一部前半のヴィヴァルディやシューベルトなど古典の作品でのアンサンブルの美しさ!天から降ってくるような清らかな響きで、一気にその世界に引き込まれます。
 そしてオーストリア民謡、日本の「ふるさと」「花」、シュトラウスの作品と続きますが、カペルマイスターのシュテッヒさんは優れたピアニストでもあり、ピアノの演奏によって子供たちに音楽を語りかけます。特に「ふるさと」は郷愁を感じさせるような優しい音楽、「花」はうららかな春の喜びが見事に表現されていて、日本の歌を大切に歌ってくれているのだと、嬉しい気持ちになりました。
 そして、皆さまから選ばれた今年の曲目「上を向いて歩こう」では、思わず一緒に口笛をふきながら口ずさみたくなるようなスィング!後半も楽しいリズムの民謡、映画音楽、日本語での可愛らしいMCなど、見どころ聴きどころがいっぱいの大満足のAプログラムでした!

≪おまけ写真≫
長い長いツアーでの移動中は音楽を聴いたり、お菓子を食べたり、おしゃべりしたりと楽しく過ごしています!
ツアー中のお菓子は、株式会社 不二家 様よりご提供いただいております。
Hanni Japan 1 161.jpg
はじけるような笑顔。

Hanni Japan 1 165.jpg
Hanni Japan 1 176.jpg
日本のビスケットは美味しいね!

Hanni Japan 1 169.jpg
オリヴァー・シュテッヒ先生もおやつの時間を楽しんでます!


ウィーン少年合唱団2012年 来日公演
[公演日程]

全公演14:00開演
□5月3日(木・祝) サントリーホール <Aプロ>
□5月4日(金・祝) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□5月20日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月3日(日) サントリーホール <Bプロ>
□6月15日(金) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月16日(土) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□6月17日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
公演の詳細情報はこちらから

posted by JapanArts at 12:03 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン少年合唱団、テレビ出演決定!

*2012年5月2日(水)11:55〜13:55

日本テレビ「ヒルナンデス! 」に登場します。
http://www.ntv.co.jp/hirunan/
歌の披露もありますのでお楽しみに!
posted by JapanArts at 11:03 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

ウィーン少年合唱団 来日記者会見レポート

2年ぶりに来日したウィーン少年合唱団の記者会見が、都内で行われました。

WSK014.jpg
ウィーン少年合唱団日本公演の特別協賛を行っているキヤノンマーケティングジャパン株式会社の松阪喜幸執行役員・コミュニケーション本部長、ウィーン少年合唱団理事長のヴァルター・ネッティッヒ氏、芸術監督のゲラルト・ヴィルト氏、カペルマイスターのオリヴァー・シュテッヒ氏、そしてウィーン少年合唱団の25名のメンバーが会見に臨みました。

爽やかなブルーの襟、濃紺のセーラー服を着た団員たちは、これから始まる日本公演がとても楽しみな様子。
会見の最後には表情も豊かに、パーセル作曲「来たれ、汝ら芸術の子」、瀧廉太郎作曲「花」、シュトラウス2世作曲「ハンガリー万歳」を披露しました。

WSK019.jpg
松阪喜幸執行役員・コミュニケーション本部長(キヤノンマーケティングジャパン株式会社)
「私どもは“共生”、共に生きるという理念でおります。また、文化貢献だけではなく、オーストリアと日本の国際交流としても考えております。
長いツアーになりますが、合唱団が最後まで元気よく歌ってくれて、成功することをお祈りしております。」


WSK021.jpg
ヴァルター・ネッティッヒ(ウィーン少年合唱団理事長)
「日本とオーストリア、東京とウィーンというのは非常に伝統的なパートナーシップであると思っています。
今回のツアーは今までよりも長いツアーとなっており、それを行えることを大変嬉しく思っております。
また私がこのような形で来日できたことも嬉しく思っております。」

WSK023.jpg
ゲラルト・ヴィルト(芸術監督)
「まずはウィーン少年合唱団を代表しまして、このようにツアー実現していただいた皆さまに心より御礼申し上げます。
合唱団、そして今横にいる子供たちにしましても日本公演というのは大きな意味を持っています。
美しい音楽、美しい声を通じて二つの民族と文化が融合することに大変な喜びを感じられるからです。
そして様々な国の曲を披露しますので、皆さまには楽しみにして頂きたいと思います。」

WSK025.jpg
オリヴァー・シュテッヒ(カペルマイスター)
「シューベルト組にはたくさんのオーストリア人がいます。と同時にロシア人、ボスニア人…日本人も一緒に来日しました。子どもたちは、コンサートを心待ちにしています。と、同時に富士五湖を訪ねたり、ディズニーランドなども楽しみにしています!」

挨拶が終わると、質疑応答へと移りました。
―子どもたちのご両親から心配の声はなかったのか?
ネッティッヒ理事長:日本で何が起きているかの事実を把握するために科学者(専門家)に調査を依頼。その後、我々や保護者たちに説明、あらゆる疑問に答えてもらう機会を設けました。

WSK034.jpg

―日本がクール!凄い!という印象を持っていると聞きましたが、具体的にどのようなところですか?
高層ビル、ジェットコースター、アニメ、東京タワー、食事…

いろいろなことを楽しみにしているようです!
WSK052.jpg
いよいよ歌が始まります。
最初は、パーセル作曲「来たれ、汝ら芸術の子」 続いて、瀧連太郎作曲「花」 この時期にぴったりですね。ヴァイオリンを、日本人団員のケンシくんが弾きました。
WSK043.jpg
最後は、シュトラウス2世の「ハンガリー万歳!」歌声が会場いっぱいに広がりました。

wsk_piano.JPG
今日の記者会見では、クリムト150年を記念したベーゼンドルファー社製作クリムトモデルで演奏されました。

日本公演は4月28日より下呂公演からいよいよスタート。
ぜひ公演を聞いたら、テレビて、見たら、新聞で見たら、感想をつぶやいてくださいね。ハッシュタグもお忘れなく!
https://twitter.com/japan_arts
ハッシュタグ:#ウィーン少年合唱


また、今回の記者会見の模様はUsteam配信をしており、アーカイブでもご覧頂けます。
http://ustre.am/:1uRwS


ウィーン少年合唱団2012年 来日公演
[公演日程]

全公演14:00開演
□5月3日(木・祝) サントリーホール <Aプロ>
□5月4日(金・祝) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□5月20日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月3日(日) サントリーホール <Bプロ>
□6月15日(金) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月16日(土) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□6月17日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
公演の詳細情報はこちらから

posted by JapanArts at 18:05 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン少年合唱団の来日記念グッズを販売

ウィーン少年合唱団の来日を記念してグッズを販売いたします!
Tシャツ、携帯ストラップ、ミニ・トートなど公演会場とこのオンラインショップだけのグッズ販売です。
おなじみのテディ・マスコットもあります!ぜひ、ご利用ください。
オンライン販売はこちらから
wsk_goods.jpg


ウィーン少年合唱団2012年 来日公演
[公演日程]
全公演14:00開演
□5月3日(木・祝) サントリーホール <Aプロ>
□5月4日(金・祝) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□5月20日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月3日(日) サントリーホール <Bプロ>
□6月15日(金) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月16日(土) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□6月17日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
公演の詳細情報はこちらから
posted by JapanArts at 11:52 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

CD発売!ウィーン少年合唱団

「天使の歌声 最新ベスト2012」
wsk20120425.jpg
来日記念CDが2012年4月25日発売!
合唱団が歌うおなじみの曲はもちろん、日本の歌も数多く収録。

<曲目>
エレンの歌 第二 ”狩人よ、憩え”
皇帝円舞曲
美しく青きドナウ
トリッチ・トラッチ・ポルカ
野ばら
来たれ、汝ら芸術の子よ
夕べの歌
ハンガリー万歳
ウィーン、わが夢の街
金と銀
ウィーンの森の物語
アヴェ・マリア
子守歌
歌の翼に 作品34−2
夕焼小焼
赤とんぼ
この道
さくら、さくら

故郷
EMIミュージックジャパンでは視聴も可能です。
2,800円(税込) TOCE-90221


ウィーン少年合唱団2012年 来日公演
[公演日程]
全公演14:00開演
□5月3日(木・祝) サントリーホール <Aプロ>
□5月4日(金・祝) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□5月20日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月3日(日) サントリーホール <Bプロ>
□6月15日(金) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
□6月16日(土) 東京オペラシティ コンサートホール <Bプロ>
□6月17日(日) 東京オペラシティ コンサートホール <Aプロ>
公演の詳細情報はこちらから
posted by JapanArts at 14:14 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

ウィーン少年合唱団とMJCアンサンブル(南相馬)のコラボ・コンサートを開催(可愛いポスターも!)

5月2日、ウィーン少年合唱団がMJCアンサンブルと、サントリーホール前のカラヤン広場でミニコンサートをします。
どなたでも無料でお聴きになれます!
ウィーン少年合唱団と一緒に歌うMJCアンサンブルは、福島県南相馬の女子中学生を中心にした女声合唱団で、昨年の東日本大震災以来、ニューヨークなどの海外でも公演し、好評を博しています。MJCアンサンブルはニューヨーク公演からの凱旋です。天使の歌声との共演をお楽しみ下さい。
尚、ドレミの音階カードを持ったウィーン少年合唱団の大型ポスター(幅13mx   高さ4m)も登場します。地面にあるサウンドプレートを踏むと、天使の声で該当の音階が歌われます。インストラクターがお教えしますので、貴方もサウンドプレートでメロディーを奏でてみませんか。
wsk001.jpg

ミニコンサート:2012年5月2日(水)16:30−17:30(予定)
http://www.austria.info/jp/art-culture/Wiener_Saengerknaben-1664966.html
大型ポスター掲出期間:2012年5月2日(水)−19日(土)
サウンドプレートの設置期間:2012年5月3日(木)−13日(日)
場所:赤坂アークヒルズ カラヤン広場(東京都港区赤坂1-12-32)
posted by JapanArts at 10:56 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

震災から1年…ウィーン少年合唱団 祈りの歌声

東日本大震災から1年、犠牲者を悼むミサがオーストリアで行われました。
その様子をNHKがニュースで取り上げました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120312/k10013643111000.html
posted by JapanArts at 15:14 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団2012年公演プログラムについて

お客様各位

この度は弊社主催の聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団『マタイ受難曲』の公演にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

また、3月1日の最終日には公演プログラムが完売し、完売後のお客様の購入希望にお応えできませんでしたことを深くお詫び申し上げます。

この度の「マタイ受難曲」の公演パンフレットは、2012年が聖トーマス教会合唱団の創立800周年ということもあり、通常部数よりも多く印刷いたしました。
しかし、東京公演3日間の公演パンフレットの販売数がたいへん多かったことから、最終日に完売となってしまいました。

公演パンフレットが完売となった時点で、プログラムの演奏曲の表記及び出演キャスト名が印刷されているページのコピーを会場でお問い合わせのお客様にお配りいたしました。

プログラムをご提供できなかったお客様には深くお詫び申し上げますと共に、今後もお客様のご希望にお応えできるよう心がけますので、何卒ご了承の程、お願い申し上げます。

株式会社 ジャパン・アーツ


下記、プログラムの演奏曲と出演者表記、出演者のプロフィールページのPDFダウンロードまたはご覧いただけます。
画像をクリックするとPDFが起動致します。

Thomanerchor_program-1.jpg

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団 2012年日本公演
≪J.S.バッハ:マタイ受難曲≫
詳しい公演情報はこちらから
posted by JapanArts at 18:51 | 聖トーマス教会合唱団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

全4回 音楽ライターによる「ウィーン少年合唱団」の歴史や素顔

YAMAHAのWEBサイトに全4回で音楽ライター伊熊よし子氏による「ウィーン少年合唱団」の歴史や素顔が掲載されています。
ぜひご覧ください!

ウィーン少年合唱団 音楽と歴史@ (配信日:2012/2/9)

ウィーン少年合唱団 音楽と歴史A (配信日:2012/2/16)

ウィーン少年合唱団 素顔と生活 (配信日:2012/2/23)

ウィーン少年合唱団 取材レポート (配信日:2012/3/1)
posted by JapanArts at 15:42 | ウィーン少年合唱団>2012年:ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。